カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2010年6月 5日 (土)

わかりにくいけれど。

  わかりにくいけれど。

Dsc00115

  わかりにくいけれど。   『6枚葉のクローバー』ですわ。(汗)


山口ブログ

広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

それなりに撮れてる・・・・・かも?


山口ブログ

広島ブログ

Dsc02100_2

  こんな雪というか・・・・霜の環境でデジカメを使う機会はめったにないので、何枚か撮ってみた。

 感想は・・・・空気が寒かった。(火暴)

          日曜日の旧阿東町より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

見つけました。

Dsc02353

 寒いはずです。木陰には、つらら が・・・・・・。 (汗)

 山口市と萩市の境界付近の標高 約400m地点にて。


山口ブログ

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

想定外・・・・・・以下略。

Dsc05817
 いくら不況とはいえ・・・・・・・・。(火暴)


山口ブログ

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

暑中お見舞い申し上げます。

Dsc00207_2  暑中お見舞い申し上げます。

 山口市や防府市南部では、お盆過ぎに刈り取る予定の早場米がなんとか(?)順調に実っています。

もうちょっとだから台風さん 来ないでね。(汗)

山口ブログ

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

西日本有数の産地の「りんごの花」

Rin1
 すいません・・・・・記事を下書きしながらアップロードするのを忘れていました。(汗)

 阿武郡阿東町の特産品である「りんご」の開花が、4月20日頃に最盛期を迎えました。(推定・過去形)Rin4

 同町の平均標高は300m前後で、涼しい気候を生かして戦後にりんごの栽培が盛んになったということで、現在では西日本有数の産地となっています。
Rin2
 同町徳佐地区には観光りんご園が約20カ所あり、もぎ取りの品種を変えることにより8月 から11月頃までリンゴ狩りが楽しめます。

さて、りんごの花の開花は園地や品種によりばらつきがあるが、前年よりはやや早くRin5なったということです。(答えになっていないか・・・・)
Rin5_2
 ある農家は、「こぶしの花が満開の時は農作物は豊作になるということわざがあり、山のこぶしの花がきれいに満開になっており、これからに期待したい。今年は霜注意報がずっと出ていて気にしていた。もう霜は大丈夫では ない か。」と話していた。

山口ブログ

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春を代表する花『チューリップ』

 

Dsc05924 春を代表する花『チューリップ』

山口市阿知須にそのチューリップの花の色で、錦帯橋など山口県内の名所等を1年1作品を描く農家の方がいます。

規模は3aに5000球だそうです。これは園芸が好きでないとできません。腰が痛くなりますし・・・・・。手間暇も経費もかかります。

 この農家の方は休耕田にチューリップを植えるのは8年目で、作品として描き始めて今年は5年目で、今年の作品は秋吉台だそうです。

しかし私が見に行った時にはすでに半分が花は摘み取られたあとでした。(泣)

山口ブログ

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

萩市のシロウオ漁

 萩市の松本川の河口付近で、独特な漁法の四手網漁(よつであみりょう)でシロウオ漁が行われている。

 Shiro1 シロウオ(素魚)は体長が4~5cmと小さいハゼ科の魚で、「おどり食い」等で食べられています。

さてこの漁法は、十字に組んだ竹に四角形の網を吊るして、水中に沈めます。シロウオは海からの潮が満ちてきた時に川を上ります。網の上にシロウオが来たときに網を引き上げるというものです。        Shiro2       

 漁獲量は昭和の頃は4tもあったとのこと、しかしその後は次第次第に低迷しているとのことです。
 さて今年の漁獲量は・・・・寒暖の差が大きく、これからに期待したい。ということらしい。(あくまでも個人の情報です)

 シロウオが増えてほしいので漁期前に石を投げ入れて産卵場を造ったり、河川清掃を行うようにしたおかげで、漁獲量は増加の傾向だという。

(メモです)

 1月27日には萩白魚組合の主催で、投石により巣床を設置する「シロウオの産卵場の造成」が行われた。

 2月18日には萩市観光協会の主催で豊漁祈願祭が行われた。

 3月1日には萩・しろ魚まつり実行委員会の主催で、山口県漁協萩地方卸売市場(道の駅「萩しーまーと」側)で「萩・しろ魚まつり」が行われた。

 


山口ブログ

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

りんごのせん定作業

 

Ringo1_2

山口県阿武郡阿東町で『りんごのせん定作業』が行われている。

 同町の平均標高は300m前後であり、冷涼な気候を生かして戦後にRingo1_6導入されたりんごは西日本でも有数の産地となっています。

 

  せん定作業はその年のりんごの出来栄えを決める重要な作業で、春になり樹液が動き出す前に作業を終える必要があり、この作業の成否が作柄をある程度左右します。

Photo  農家は枝のバランスや間隔、日光の入り具合等を考えながら時間をかけて慎重に作業を進めます。切り落とした枝は害虫や病害が潜伏している可能性があるので一ヶ所に集めて、園外で焼却等を行います。

  ある農家は「寒さが厳しく積雪の多い年は豊作になる」と言う話を信じ、作業に精を出していました。


山口ブログ

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あおさの天日干し

Dsc08283  

Dsc08285

山口市南部の海岸線で『あおさの天日干し』が行われている。

 

昨年は台風の襲来がなかったため、あおさの生育はまずまずだという。

Dsc08286

 

漁家の方は家族総出で、団子状のあおさを縄にかけて、ていねいにほぐし寒風にさらしていた。

 「潮や気候とにらめっこして作業は立ち仕事で見かけ以上にきつい仕事だけども、今年は冬本来の気候で良いあおさのりが出来そうだ」と作業に精を出していた。


山口ブログ

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧