« あおさの天日干し | トップページ | 平成21年度 山口県マイクロ波帯入門研修会(アマチュア無線) »

2009年2月15日 (日)

りんごのせん定作業

 

Ringo1_2

山口県阿武郡阿東町で『りんごのせん定作業』が行われている。

 同町の平均標高は300m前後であり、冷涼な気候を生かして戦後にRingo1_6導入されたりんごは西日本でも有数の産地となっています。

 

  せん定作業はその年のりんごの出来栄えを決める重要な作業で、春になり樹液が動き出す前に作業を終える必要があり、この作業の成否が作柄をある程度左右します。

Photo  農家は枝のバランスや間隔、日光の入り具合等を考えながら時間をかけて慎重に作業を進めます。切り落とした枝は害虫や病害が潜伏している可能性があるので一ヶ所に集めて、園外で焼却等を行います。

  ある農家は「寒さが厳しく積雪の多い年は豊作になる」と言う話を信じ、作業に精を出していました。


山口ブログ

広島ブログ

|

« あおさの天日干し | トップページ | 平成21年度 山口県マイクロ波帯入門研修会(アマチュア無線) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38522/28084335

この記事へのトラックバック一覧です: りんごのせん定作業:

« あおさの天日干し | トップページ | 平成21年度 山口県マイクロ波帯入門研修会(アマチュア無線) »