« 瀬戸内海SHFグループ 第95回1200Mhzロールコール報告 | トップページ | 瀬戸内海SHFグループ 第96回1200Mhzロールコール報告 »

2008年6月 6日 (金)

松山SHF研究会 平成20年 6月 4日(水) 1200Mhzロールコール参加記

Dsc07823 松山SHF研究会 平成20年 6月 4日(水) 1200Mhzロールコール参加記
平成20年 6月 4日(水)
移動地:山口県宇部市 標高約100m 天候:晴れ
気温20度(先週は17度でした)

(初めて読まれる方に)
    アマチュア無線局は、国家試験を経て総務省総合通信局、または郵政大臣免許等の免許を受けたものです。
私たちは毎週水曜日8時からというように、日にちと時間を決めて電波法の規定に従ってロールコール(交信実験)を毎週、行っています。
 私たちが使用している1200Mhzは、テレビ音声の150/360Mhz、パーソナル無線の900Mhzや携帯電話の800Mhzよりも高い周波数です。
 他県のテレビの民放局の音声を拾おうとして、八木アンテナを設置された経験がある方は多いと思います。
それよりも高い周波数で、私たちは開拓精神を持って趣味として交信実験を行っています。
 マイクロ波と言われる高い周波数になると、季節による気温較差、湿度、風量、大気中のチリ・ほこり等でコンデションは毎日変わってきます。
 私たちはもっと多くの方とのコミニケーションを求めて、もっと遠くの仲間との交流を求めて活動を行っています。

(時間は大まかに記入してあります。信号強度は必ずしも正しいとは限りません)
(常時つながる回線は、記載を割愛している場合があります。
また、全ての交信を掲載しているわけではありません)

 梅雨の前兆を思わせるような天候の中、宇部市に移動した。

(JR5IVAの設備)
無線機:アイコム IC-970(OUT:1w)、
アンテナ:マキ電気 32エレループ スタック
プリアンプ:川越電子NOA 28db   、同軸ケーブル:8D-FB 3.6m

コンデションのまとめ:ロールコール参加者を増やそう!
特記事項:マイクロ波移動実験に参加しよう!
     山口県マイクロ波制作講習会に参加しよう!(別添)

20:02 JH5QYZ 愛媛県伊予郡松前町固定ーJR5IVA/4 山口県宇部市移動 59-59

20:05 JH5QYZ 愛媛県伊予郡松前町固定ーJP6MCZ 大分県別府市固定 59-59

20:08 JP6MCZ 大分県別府市固定ーJR5IVA/4 山口県宇部市移動 59-59
今日はダイレクトビームで聞こえていた。

20:15 JA5MV 愛媛県松山市固定ーJH5QYZ 愛媛県伊予郡松前町固定 59-59
 松山平野の中で、WSJTについて打ち合わせをしていると、松山市固定の音声が聞こえる。
宇部市移動がアンテナを回して聞いていると、だんだん信号が浮き上がってくる。
松山市固定のアンテナは何か聞いてもらうと「軒先の?方向が反対の?5エレ程度のループ」だそうだ。
 その後、松山市固定はコーリニアにアンテナを切り替えるといきなり59+20で入感した。
これにはびっくりした。

20:46 JA5MV 愛媛県松山市固定ーJP6MCZ 大分県別府市固定 41-59

20:50 JH5QYZ 愛媛県伊予郡松前町固定ーJA5RCT 愛媛県西条市固定 59-59

20:57 JP6MCZ 大分県別府市固定ーJA5RCT 愛媛県西条市固定 59-59

 宇部市移動ー松山市固定は移動1Wの宿命でQSOに至らず・・・・・。
 宇部市移動ー西条市固定はタイムアウト・・・・・。

 

 本日、私が確認した局は以下の通りです。

(お願い)
 ロールコールの周波数を聞いているけど、何も聞こえないということもあります。
 ワッチしている方がたくさんいることはわかっており、何とかしたいといつも思っています。
 ただし、必ずしも予定通りにロールコールは進みません。
 しばらく何も聞こえなかったら時々「ブレーク」と叫んでもらいたい。
 各局のアンテナの指向性が発揮されているからである。
 私も山頂で「ずっと30分ワッチ」とかしている場合なども良くあるから。
 ということで「突然、背後でラグチューされて困ってしまう」ことも生じます。

 キー局、サブキー局は、たとえ○○市タイムでも四方八方にアンテナを振り、
「10~15分に一度はブレークタイムを取る」ことを心がけたい。

 遠方が入感がないから、近隣でラグチューしたいという方もいる。
 場合に応じて、周波数を割ったりすることも必要である。

 できるだけ同じような時間帯にみなさんをお呼びしたいと、話し合ってタイムテーブルを組み立てているところです。

(誤字・間違い・抜けがあったらごめんなさい)
記入に当たっては、21:00~22:00前後の時間やSSBモードにこだわらず、
基本はどうしても瀬戸内海地区になりますが、無線機の電源を入れて
かと交信したことが確認された方を記載しています。
(キー局、サブキー局に必ずつながったという意味ではありません)
私たちのねらいはハンディ機からでも徐々にグレードアップする方がいる。
そのお手伝いと情報提供をしたいということです。
(移動地の表記については、小さな公園などの場合は具体的な名前は省略します)

JA5MV    愛媛県松山市固定
JA5RCT   愛媛県西条市固定
JH5QYZ   愛媛県伊予郡松前町固定
JP6MCZ   大分県別府市固定
JR5IVA/4 山口県宇部市移動

応援してね! 

山口ブログ

広島ブログ

|

« 瀬戸内海SHFグループ 第95回1200Mhzロールコール報告 | トップページ | 瀬戸内海SHFグループ 第96回1200Mhzロールコール報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38522/21461224

この記事へのトラックバック一覧です: 松山SHF研究会 平成20年 6月 4日(水) 1200Mhzロールコール参加記:

» 瀬戸内海SHFグループ 第96回1200Mhzロールコール報告 [瀬戸内海SHFグループ Blog]
瀬戸内海SHFグループ 第96回1200Mhzロールコール報告 平成20年 6月... [続きを読む]

受信: 2008年6月 6日 (金) 23時20分

« 瀬戸内海SHFグループ 第95回1200Mhzロールコール報告 | トップページ | 瀬戸内海SHFグループ 第96回1200Mhzロールコール報告 »