« 瀬戸内海SHFグループ 第82回1200Mhzロールコール報告 | トップページ | OFF会(?)開かれる その1 »

2008年2月28日 (木)

牛が集落に戻ってきた!

 岩国市由宇町の銭壺山(標高540m)に登る途中には、いくつか棚田の広がる集落があります。
0001  ただし、近年は大型の機械が入らないとか農家の過疎・高齢化などの条件不利地のため、耕作放棄地・遊休農地が増えていました。
 数年前、合併前の由宇町には牛はいなくなっていました・・・・・。

 ところがこの地区で、昨年の夏から「山口型放牧」で牛を導入しているとの噂を聞きました。(山口型放牧とは、電気柵で囲って放牧を行う方式)

 牛を放牧して草を食べさせることで、イノシシの住み処を減らしたり、草刈りの手間を省いたり出来るらしい。
 レンタル牛はその後、返還され、その農家の方は自費で牛を購入されたらしいとのこと・・・・・・・。

 この前の日曜日、粉雪の舞う県道を通っていると牛が見えました。0002
よく考えてみるとこの集落は雑草が減ってずいぶんときれいになりました。
「舌刈り」の効果が出ているようです。

 美しい棚田のある風景っていいですね。

 

お知らせとお願い

 私の隣町の岩国市にお住まいの さをりんさん のお子さんの小学2年生の息子さん「颯太君」は、進行性の難病 『ムコ多糖症4型・モルキオ症候群』です。

  颯太君が患っているムコ多糖症4型は、まだ治療薬はありません。現在、アメリカで開発中です。

 1型・2型・6型については、既に酵素製剤が完成しており、

日本国内では、1型 = 承認済   6型 = 承認審査中

                   2型 = 平成19年10月4日承認となっています。

 治療薬の早期開発・承認・使用を目的とし、あらたに国への働きかけを行うために、皆様にあらためまして、ご署名・ご支援等のお願いを申し上げます。

 Dsc00862_2※ 画像は、そう太画伯のグッズです。

 (以下参考です。)

【小さなボクの夢~Blog】 進行性のこの病と闘う息子の日常を母が綴った
http://souta-morquio.blog.ocn.ne.jp/yume/
(このBlogの、
黄色のバナーをクリックすると署名用紙をダウンロードできますので、コピーしてお使いください。)

 署名の1次集約は昨年12月末到着分で行いました。5万人を超える署名が集まりました。ありがとうございました。

署名用紙の山は国に対して働きかけを行うため、東京に行く日を待っています。

もちろん、平成20年以降も署名活動は引き続き行います。ご協力をお願いします。

また、知人らが颯太君のために立ち上げてくれた
【小さなボクの夢☆そうた応援会】

http://www1.ocn.ne.jp/~morquio 

ミクシィには[mixi] 小さなボクの夢☆そうた応援会
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2163779
もあります。ご希望の方は誘導します。

 

応援してね! 

山口ブログ  

広島ブログ 

|

« 瀬戸内海SHFグループ 第82回1200Mhzロールコール報告 | トップページ | OFF会(?)開かれる その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38522/10818135

この記事へのトラックバック一覧です: 牛が集落に戻ってきた!:

« 瀬戸内海SHFグループ 第82回1200Mhzロールコール報告 | トップページ | OFF会(?)開かれる その1 »