« 瀬戸内海SHFグループ 第45回1200Mhzロールコール報告 | トップページ | 各地で深刻なダムの貯水率 »

2007年6月14日 (木)

暖冬の後遺症

 関西国際空港2期島で、トノサマバッタが推定数百万匹も大発生しているという。(驚)
 6月13日には関西空港会社社員らが薬剤を散布し、バッタが生息する芝を刈り込んだ。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000013-maip-soci

 あのぉ、これって駆除しなくてもいいから、ペットショップさんか、捕虫網と虫かごを持った小学生を大量に送り込めば良いのでは?
というかトノサマバッタは佃煮とかで食べれなかったかな・・・・・・・・。
 これって在来種か外来種かで論点が別れそうですね。Dsc08551

 
 話は変わりますが、夏の大敵の蚊の大量発生が例年に比べ早まっているとのことです。
国立感染症研究所(東京)は、この冬の記録的な高温のため「寒さで死ぬ蚊が少なく、羽化の時期が早くなったのでは」ということである。

 日本列島やはり何かがおかしい。四国を中心としたダムでは貯水量が低下し、取水制限を実施。
 香川県ではとうとう「雨乞い」まで行われました。高松市ではプール授業を中止。

 昨日、北部九州は梅雨入りしましたが、雨量はまだ数ミリしか降っていません。
 今日、四国、近畿、東海と梅雨入りしましたが、本来の梅雨になるのでしょうか。

 この反動で・・・・・梅雨の最後に洪水になるほど雨が降りそうで怖いですね。

登録しました。応援してね! 

山口ブログ

広島ブログ

|

« 瀬戸内海SHFグループ 第45回1200Mhzロールコール報告 | トップページ | 各地で深刻なダムの貯水率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38522/6784955

この記事へのトラックバック一覧です: 暖冬の後遺症:

» 関西国際空港 『関空』と呼ばれています [北海道への旅ツアー情報 全国もあります]
関西国際空港(かんさいこくさいくうこう Kansai International Airport)は大阪府南部、大阪湾内泉州沖の人工島に作られた第一種空港です。日本で2番目の本格的な海上空港であります。一般的には『関西空港』や『関空』と呼ばれる(地元関西地方では、『関空』という略称の方がよく使われる。)事が多く、また空港関係者や旅行業界関係者は関空の空港コードの「KIX」から「キックス」と呼ぶ人も居ます。当初は「近畿中央国際空港」という名称が構想され、建設中は地元で「関西新空...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 15時30分

« 瀬戸内海SHFグループ 第45回1200Mhzロールコール報告 | トップページ | 各地で深刻なダムの貯水率 »