« 松山SHF研究会 平成18年 7月 5日(水) 1200Mhzロールコール参加記 | トップページ | 松山SHF研究会 平成18年 7月12日(水) 1200Mhzロールコール参加記 »

2006年7月 7日 (金)

周防大島町のグリーンツ-リズムを考える

 今度も新聞ネタです。7月5日の山口新聞の岩国柳井版に私が出演しました。と言っても左足が映っていたのですが・・・・・。「私の足・・・きれいですか?(笑)」
 しかし、最近、新聞に体のある部分だけ映ってしまうことの多いこと・・・・。
 さてこの記事の「周防大島町のグリーンツ-リズム」ですが、他の方に話していたら、同町のブルーツーリズムについては今現在どのような物があるのでしょうか・・・という質問が。(激汗)漁業に関しては周防大島体験ネットワークではウニの加工体験などがありますが、漁師さんの手伝いなどが出来る場所がないかということです。観光漁業として地引き網を引くようなことではなくてです。これは漁獲は計算通りには行かないから難しいし、危険も伴い、漁業権などの問題もあるからむずかしい。
 漁業の体験って言っても、(1)出掛けて行って現地で食べる、(2)調理体験で料理してから食べる、(3)釣ったり網を引いたりして水揚げして調理して食べる・・・と難易度が食べるのまでありますよね。現段階の周防大島町は(2)までしかないわけですよね。ただし、親戚や友人がいたり別荘がある人は除外ですが。
 この前「鉄腕DASH」でソーラーカーが大畠の港で、釣り船から下船した釣り人から鯛をもらい柳井の佐川醤油の甘露醤油を「刺身に合う」と食べていましたよね。こういう素材を味合う「漁師の料理(男のね)」っていいかもしれない。旧:東和町伊保田の港に日曜朝8時に旗のところに集まれば、その日水揚げされた魚をその場で刺身で提供しますとか。ついでに水産加工品も売ったりする。寒い冬は鍋にするとか。まぁ、衛生面のことや水揚げがなかったことを考えなきゃいけませんよね。おっと地魚認定の店があったんだった。商工観光課が今後何かイベントを企画するよね。
 道の駅サザンセトとうわ の、ジャコ天は定着しているから、なにか次の企画が欲しいですよね。
 農業のメインの「みかん」に関する交流については、(1)ただ買って帰る、(2)観光農園、(3)みかんの木オーナーになる、(4)シニア耕作隊になる、(5)耕作放棄地になる園地を耕作する としっかり確立してありますからね。みかんの廃園も多くなりました、団塊の世代が同町に耕作に来るといいのですが。(通いだろうと、移住だろうと帰農だろうと手段は問わない)
 また違った方と話したらこのブログで報告します。

|

« 松山SHF研究会 平成18年 7月 5日(水) 1200Mhzロールコール参加記 | トップページ | 松山SHF研究会 平成18年 7月12日(水) 1200Mhzロールコール参加記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38522/2530398

この記事へのトラックバック一覧です: 周防大島町のグリーンツ-リズムを考える:

« 松山SHF研究会 平成18年 7月 5日(水) 1200Mhzロールコール参加記 | トップページ | 松山SHF研究会 平成18年 7月12日(水) 1200Mhzロールコール参加記 »