« 日本の未来のために何を優先すべきか | トップページ | 明日は・・・ »

2006年3月19日 (日)

日本やっと勝つ

 WBC 日本はやっと韓国に勝ちました。
しかし韓国はスポーツが強くなりましたね。4年前のワールドカップサッカーの躍進を思い出します。彼等には根性があります。強い隣国、互いに切磋琢磨していかなければなりません。
あくまでも謙虚に、このWBCの3戦では日本は1勝2敗であり、たまたま最後に日本が勝ったに過ぎない・・・・と思います。
松井秀喜や城島、井口がいたら日本はもっと強かったはずです。もし現役時代に打診が有れば即答して喜んでWBCに出ると、王監督も言っていました。佐々木(元:横浜、マリナーズ)も出たかったと今日、言っていました。横浜の多村選手に至っては、出場依頼の文書を「額縁に入れ飾ってある」ということです。「男」を感じます。しかし現代の価値観は色々ですから・・・。
イチロー:「今日負けるということは日本のプロ野球の歴史に大きな汚点を残すことですから・・・」 HL(韓国)のみなさん、悪い意味に取らないで下さいね。
 ある意味で今日の日本の最大の敵は、「2塁塁審」でした。日本vs米国で、タッチアップ、米国vsメキシコで右翼ポール直撃を疑惑の誤審した審判・・・・決勝では彼はどこに・・・・。
 追伸:メキシコのアステカの神に感謝します。

|

« 日本の未来のために何を優先すべきか | トップページ | 明日は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38522/1095992

この記事へのトラックバック一覧です: 日本やっと勝つ:

« 日本の未来のために何を優先すべきか | トップページ | 明日は・・・ »